ゲイの人たちを特別に愛している神ちゃまが安心できる場所”ヨゼフパパファンクラブ”を造ってくれたよ。

同性愛は罪だけど、みんなを愛している神ちゃまは「そのままでいいから」おいでって。

聖母マリア様からマリー・マドレーヌに与えられたメッセージ 2009年11月27日 PM2:35 秋田県湯沢市「清水小屋」にて

f:id:rongin-marie:20150228190908j:plain

--------------------------------
2009年11月27日 PM2:35
マリー・マドレーヌに与えられた、聖母マリア様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて
--------------------------------

youtu.be

マリー・マドレーヌ:
 先ほどマリア様の御出現が終ったあとなんですけど、今PM2:35なんですけど。
PM2:31頃、ちょうどPM2:30過ぎくらいなんですけど、「証の旅行はしません」っていうマリア様の声が聞こえてきました。
それをジャン・マリーに話して、しるしがあるか尋ねたところ、識別のための秘密のしるしをもらいました。「大天使聖ミカエルにむかう祈り」も祈って、一緒にミッシェル・マリー・フランソワも祈ってくれたんですけど、しるしあるか尋ねたところ、
識別のための秘密のしるしをもらったという状況です。
 今しるしありました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。
 
聖母マリア様:
 愛するジャン・マリー司祭に、聖母が話をします。
マリー・マドレーヌと一緒に証の旅行をと願ってきました。
マリー・マドレーヌも不安と恐れとに見舞われながらも、勇気をもって証の旅行にフィアットを言いました。
けれども、天はマリー・マドレーヌをベッドの生活のままで聖痕の証をさせたいと望んでいます。

最近天からの働きかけがベッドの上であるのを、皆知っていると思います。
天はマリー・マドレーヌの聖痕に関して、ベッドのままで証するようにと
望んでいることを、今愛する息子ジャン・マリー司祭に伝えます。

マリー・マドレーヌの捧げ物は、むしり取られたバラの花です。
そのためにイエズスがよいと思ったものを彼女に与えていく。
これからもそうです。
パラダイスに行くときまで、平和と安らぎを彼女に与えるために天が望んでいるのは、静かな環境の中でイエズスと交わることです。

マリー・マドレーヌは、静かな環境の中でパラダイスにいきます。
たくさん人が訪れても、静かな環境の中でマリー・マドレーヌは過ごして
いきます。

愛する息子(ジャン・マリー神父)、よく聞いて下さい。
あなたの願いはたくさんあって、まるで赤ちゃんのようにねだっていますが、一つ一つ聞いていないわけではありません。
けれども、「代わりのものを」と言ってまたおねだりするあなたに対して、聖母は「またお願いしている」と言って、「ちょっと待って、待って」とあなたの耳元でささやいているのをあなたに聞いて欲しいくらい、話をしたいのです。
子供よ、あなたを愛しています。
司祭としての役割、十字架の重荷、あなたはよく耐えています。
まわりから「司祭でない」と言われていて、辱めを受けていますが、新しい人々はあなたを「司祭」と呼び、慕うでしょう。
それがすでに起こっていることを、あなたに伝えます。
クリスチャンからは放棄され、クリスチャンでない人々からは、あなたは
愛され慕われます。祝福をおくります。
父と、子と、聖霊との御名によりて、アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしありました。
 「他に何かありますか?」って尋ねたところ、
しるしがあって、「ミッシェル・マリー・フランソワに幻聴の恵みを与えます」って一言だけ語られています。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。
 
聖母マリア様:
 愛するミッシェル・マリー・フランソワに、聖母が話をします。
幻聴の恵みをあなたに注ぎます。
恐れないで下さい。聖母の声、天使の声、イエズスとヨゼフの声も、
はっきりあなたは理解できるようになります。

仕事の面で愛する息子(ジャン・マリー神父)と一緒に、二人でこれから
進めていくことを、今日伝えます。
祝福をおくります。
司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワにお願いします。
 
ジャン・マリー神父:(ミッシェル・マリー・フランソワに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 今確認のしるしもらいました。
 「他にありますか?」って尋ねたんですけど、しるしありません。
 youtu.be

ジャン・マリー神父:
 状況説明。
 
マリー・マドレーヌ:
 状況説明をします。マリア様の御出現だったんですけど。
やっぱりジャン・マリー司祭にあててのメッセージで、言い含めるような
場面がありました。
長いメッセージでよく聞こえてきました。

私自身のこれからについてもマリア様の望みっていうのが示されて、心に
平安が与えられました。感謝しています。そしてマリア様の声っていうのは、そういう一場面、言い含めるような感じで、ときにこうはっきり聞こえてきたところがあるんですけど、それ以外はとってもやわらかい声っていう表現が一番適切だと思うんですけど、その声が聞こえてきて、お母さんであるマリア様の声だなあって思いながらメッセージを聞いていました。
「このメッセージに関して本当でしょうか?」って聞いたところ、確認の
しるしをもらいました。

「他にありますか?」って聞いたら、
「ミッシェル・マリー・フランソワに幻聴の恵みを与えます」って一言が
聞こえてきたので、そのことを話しました。そのあとメッセージをもらって、ミッシェル・マリー・フランソワに対する聖母様の愛がまた強く伝わってきました。
「このメッセージは本当でしょうか?」って確認のお願いをしたところ、
識別のための秘密のしるしをもらいました。
最後にまた私の方から「他に何かありますか?」って尋ねたら、しるしが
なくて何もありません。
 
以上です。