読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神ちゃまが祝福したクリスチャンの同性愛カップル ロンジン・マリーとフランソワ・マリー

性的に苦しんでいる 特に同性愛のみんな 神ちゃまはみんなをとても愛していること ゆるしていること 救ってくれることを伝えたいんだ。そして、神ちゃまが同性愛のみんなのために安心できる居場所をここに作ってくれたよ。

マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ 「箱舟の聖母」2009年11月29日号 No.490

マリー・マドレーヌに与えられたメッセージ

「箱舟の聖母」2009年11月29日号 No.490

f:id:rongin-marie:20150228190908j:plain

--------------------------------
2009年11月21日 PM8:59
マリー・マドレーヌに与えられた、聖ヨゼフ様からのメッセージ
秋田県湯沢市「清水小屋」にて
--------------------------------
youtu.be

/> 
マリー・マドレーヌ:
 PM8:24くらいなんですけど、まずローキューションがあって、「同性愛のために」っていうローキューションがあったんですけど、その
ときに識別のための秘密のしるしがあるかを尋ねました。
  最初は識別のための秘密のしるしがなくって、それが何10分かずっと
続いてあったので、サタンを追い出し続けたんです。

サタンを追い出し続けたんだけれども、それをジャン・マリーに
話しました。
PM8:47頃にジャン・マリーに話したんです。で、今現在PM9:00前になるんですけど、PM8:59になるとこなんですけど。
ヨゼフ様からのローキューションで、「すべての同性愛のために」って
いうローキューションがあったことを伝えます。
 
ジャン・マリー神父:
 もう一度しるし求めてね。
 
マリー・マドレーヌ:
 今、識別のための秘密のしるしがありました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。
 
聖ヨゼフ様: 
 愛する子供たち、ヨゼフが話をする。
ミッシェル・マリー・フランソワ、ロンジン・マリー、そしてフランソワ・マリー、この3人は同性愛として、自分の罪と戦ってきた人たちである。

同性愛は現代の教会では受け入れられていないために、行き場を失っている。
このあいだ、フランソワ・マリーが告白してくれたように、同性愛の罪を
もつ人たちは、勇気がいるためにひとつの決断に迫られている。
それは自分をこきおろすという決断である。
自分の内面をもろ出しにしてさらけ出すことをして、まわりの人に「自分はこういう人間だ」とあからさまに告白する。
それは本当に勇気のいる仕事である。
軽蔑な目で人は見るか、あるいは今世界で起きているように、同性愛者を
殺すに至るか、その人々の行動は、同性愛の罪をもつ人々の生き方によく
表されていくように・・
(悪魔のアタックで中断)
 
ジャン・マリー神父:
 「正しいところから再開して下さい。」って祈ってね。
(聖水をまく)「正しいところから再開して下さい。まずしるしを下さい。」
 
 (香をまいて、大天使聖ミカエルの祈りをする)
 
 「正しいところから再開して下さい。まずしるしをお願いします。」
 
マリー・マドレーヌ:
 今識別のための秘密のしるし、ありました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。
 
聖ヨゼフ様:
 人々は同性愛者に対して軽蔑な眼差しをおくるか、世界で起きている
ように殺すかしている。
同性愛者はこの出来事に対し、行動を起こした。
ミッシェル・マリー・フランソワとロンジン・マリーが手を組んで、緊急
アピールを出した。
子供たち、同宿会は同性愛者の居場所である。彼らを温かな目で迎えて
あげて欲しいし、彼らの生き様に関して、それぞれ理解してあげて欲しい。

フランソワ・マリーを、私は励ましに来た。
恐れないで自分の告白を書いて、今何をしているか皆に知らせて欲しい。
天はあなたを愛しているし、最低最悪な霊魂であるあなたを決して見捨てることはしない。
ミッシェル・マリー・フランソワとロンジン・マリーは、フランソワ・
マリーを助けてあげて欲しい。
子供たち、同性愛のほかに性転換手術をした人々も多くいる。性的に苦しむ人々、罪に苦しむ人々を、同宿会は招いてあげて欲しい。
イエズスが売春婦のところに行ったように、あなた方も彼らのところに
行き、福音を伝えてあげて欲しい。日本でこれから起こることは、多くの
人々を震撼させるものとなるであろう。
子供たち、恐れずに戦って欲しい。ヨゼフは決して見捨てない。

司祭の祝福を、ミッシェル・マリー・フランソワ、ロンジン・マリー、
フランソワ・マリー、それからすべての同性愛者、すべて性的な罪に
苦しむ人々にお願いする。
 
ジャン・マリー神父: ミッシェル・マリー・フランソワ、ロンジン
        マリー、フランソワ・マリー、すべての同性愛者、すべての
        性的罪に苦しむ人々に 、
全能の神、父と子と聖霊とが汝らを祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 確認のしるしありました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 他にありますか?
 
マリー・マドレーヌ:
 ないです。
 
ジャン・マリー神父:
 公式声明の青写真ができてますけれども、何かつけ加えることとか
ありますか?
これでよろしいでしょうか?
 
マリー・マドレーヌ:
 しるしあります。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 マリー・マドレーヌはその命を皇室の人たちのために捧げるべきで
しょうか?
 
マリー・マドレーヌ:
 しるしあります。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 説明していただけますか?
 
マリー・マドレーヌ:
 今しるしありました。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌを通して)
 しもべは聞きます。お話下さい。
 
聖ヨゼフ様:
 愛するマリー・マドレーヌに、ヨゼフが話をする。
皇室のために、あなたは命を捧げて欲しい。
今までの幻視者たちは、リトル・ペブルのために命を捧げるよう言われ
たし、彼らはそれを受け入れずに落ちてしまった。
マリー・マドレーヌはリトル・ペブルのために命を捧げると同時に、
日本のため皇室のためにも命を捧げるように、天は望む。
あなたは勇気をもってこの使命に対して、これからもフィアットを言って
欲しいし、天があなたを支えるので、恐れずについてきて欲しい。
あなた自身も性的な事柄で悩んでいる。でも神はあなたを許し続けていく。
マグダラのマリアの保護を、これからも願い求めなさい。
司祭の祝福を、マリー・マドレーヌにお願いする。
 
ジャン・マリー神父:(マリー・マドレーヌに)
 全能の神、父と子と聖霊とが汝を祝福し給わんことを。アーメン。
 
マリー・マドレーヌ:
 確認のしるし、今ありました。
 
 「他にありますか?」って尋ねましたけど、何もないです。
 
ジャン・マリー神父:
 状況説明。
 
マリー・マドレーヌ:
 状況説明します。
先ほどローキューションがあったときに、途中サタンの妨害でつまりました。
私もいろいろこれを聞きながら話をしていたんですけど、混乱があって十字をきって、サタンに向かって「イエズスの御名によって命じる、出て行け」と厳命しました。しばらくしるしを求めて待っていました。
そのときに聖水と香をたいてもらってしるしを求めたところ、識別のための秘密のしるしをもらって再び再開することができましたけれども。

youtu.be

今回の同性愛者の人々のためのメッセージを聞きながら、私も祈りを捧げようと思いました。
そのあと、「このメッセージに対して本当でしょうか?」って確認のしるしをもらいたいと願ったところ、識別のための秘密のしるしをもらいました。
そのあと「他に何かありますか?」って聞いたんですけど、なかったんですね。

ジャン・マリー司祭が「皇室のためにマリー・マドレーヌの命を捧げるべきでしょうか?」っていうことを質問されて、識別のための秘密のしるしがあって、メッセージをいただいたところです。
私個人にメッセージをもらって、今また新たな恵みをもらったところなん
ですけど。
そのあとこのメッセージに対して「本当でしょうか?」って確認のしるしを求めたら、識別のための秘密のしるしをもらいました。こういう状況です。
 

youtu.be

以上