読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

神ちゃまが祝福したクリスチャンの同性愛カップル ロンジン・マリーとフランソワ・マリー

性的に苦しんでいる 特に同性愛のみんな 神ちゃまはみんなをとても愛していること ゆるしていること 救ってくれることを伝えたいんだ。そして、神ちゃまが同性愛のみんなのために安心できる居場所をここに作ってくれたよ。

マリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ メルマガ「箱舟の聖母」2005年7月24日号No.263

マリー・マドレーヌに与えられた公的メッセージ

メルマガ「箱舟の聖母」2005年7月24日号No.263

f:id:rongin-marie:20150228190908j:plain

http://homepage1.nifty.com/charbeljapan/hakobune_index.html

--------------------------------
2004年9月12日
--------------------------------
 私はリトル・ペブルさんが最後の教皇であるということを天から示されました。外にいたときに冠を見ました。背が高くキラキラと輝いている大きな冠です。教皇様の冠です。

 私はマニフィカトを聴きながらバスを待っていました。音楽を聴いていたとき、私の霊魂は荘厳で権威に満ちた雰囲気に打たれました。圧倒されました。いつもとは違う状態になりました。神秘的な体験です。

 そのとき、「リトル・ペブルさんは最後の教皇である」という言葉が私の心の中に埋め込まれました。耳で聴いたのではありません。

 また、私は数日前から「最後の教皇」という本を読み始めていました。リトル・ペブルさんの愛の深さ、信仰の強さに大変衝撃を受けました。そのことを思い巡らすときが多くなりました。リトル・ペブルさんの頭の上に冠が載せられ、輝いているのがとても印象的でした。私の頭から離れなくなりました。


--------------------------------
2005年7月15日(金曜日) PM11:59
マリア様からの公的メッセージ
--------------------------------
聖母:
 愛する子、あなたに伝えます。リトル・ペブルさんを支持し、強く宣言
するようにあなたに命じます。私たち、天が望む最後の教皇として、愛するリトル・ペブルを選びました。彼を支持し、彼に仕えなさい。恐れないで戦い続けなさい。

マリー・マドレーヌ:
 リトル・ペブルさんが最後の教皇であるというメッセージを受ける前、
腹部が熱くなりました。心を沈めて「僕(しもべ)は聴きます。お話ください」と祈りました。聖なる空気をそばで感じたので、しるしを求めました。
そうしたらしるしがありました。

 最初に「リトル・ペブルさんのことを強く支持し、宣言するように命じます」と言われました。女性の声です。マリア様と同じ声です。バラの香りは今回ありませんでした。

 天が望んでいる最後の教皇であるということの確認です。私自身に語ら
れました。司祭が聖水をまいてくれました。一瞬緊張感が走ってその場に
ピリッとした空間がありました。本当に一言一言の語り掛けに緊張しました。
一言も聞き逃さないようにしました。心の緊張感を感じたのは初めてです。
リトル・ペブルさんのことでローキューションをいただいたのは今回が初めてです。